FC2ブログ

40代既婚のサラリーマンが出会い系で得たもの失ったもの

40代既婚の平凡なサラリーマン。 妻とのセックスレス→風俗→出会い系(←今ここ)。 出会い系にハマって得たものと失ったもの、楽しかったこと悲しかったことなどを書いていきます。 出会い系の成功談や良い面を書いているブログが多いので、出来るだけ失敗談や悪い面も書いていきたいと思います!

出会い系サイトのマイナス面

僕が出会い系サイトを始めて5年以上が経ちますが、出会い系サイトを継続して利用する際にはマイナス面もあります。
今回はそれを書き出してみます。


①相手を思いやる心、敬意等


サイトで急に音信不通になったり、ドタキャされたり、冷たい言葉を浴びせられたりといったことを経験していると、自分自身も相手を気遣う気持ちや敬意が徐々に失われていくのを感じます。


②ゆとりの心や落着き


サイトは女性上位です。
女性は多くの相手からメールがきますが、男性は何件もメールを送っても返信はわずかです。常に他の男性と競い合い比較されているせいでしょうか。以前よりイライラすることが多いように感じます。


③小遣い


サイトからのログインボーナスやプレゼント等のポイント加算もあり、ポイント購入にかかる費用についてはたいしたことはありません。ただ初めて会った時のお茶代・食事代・ホテル代・交通費等の出費は、多くの人と会えば会うほど大きくなります。


④嘘や猜疑心


年齢・職業・住所・既婚か未婚か等嘘をつく人も多いです。むしろ全て事実である人の方が少ないでしょう。僕自身も嘘をついたり、ごまかしたりしています。そしてそれが当たり前になっていきます。相手の話を疑ってかかるようになります。


⑤誠実さ、一途な気持ち


本来は彼女にしろ妻にしろ一人の人を大切にすることが普通です。出会い系サイトで出会いと別れを繰り返すことにより、その人だけを思う気持ちとういうのが薄くなります。


⑥相手を信じる気持ち


出会い系サイトでの出会いを普通の出会いより軽視する人もいます。ちょっとしたことで連絡を絶たれたり、事情をちゃんと説明してくれなかったり。こんな経験を重ねていると(どうせサイトでの出会いだから)という気持ちになり、相手に期待することがなくなっていきます。


⑦中毒性


これは僕だけでしょうか。以前は定期的に会う相手がいない時にだけ利用していましたが、最近はそういう相手がいてもログインを続けています。特に不満がある状態ではないのに違う出会い、違う相手を求めている自分がいます。


以上


思いつく範囲で書いてみました。
あくまでも僕の場合なので全ての人にあてはまることではないでしょう。
また、継続して利用している場合に、このような可能性があるという話です。


出会い系サイトは男性も女性も半年以下の短い期間のみ利用する人がほとんどのようなので、この記事に共感する人は少ないかも知れません。
この記事を書いて出会い系サイトで知り合えた人に極力不快な思いをさせないように気をつけたいと改めて感じました。


出会い系サイトは最低以下の4つのサイトには登録しておくことをお勧めします。


ハッピーメール





ワクワクメール





PCMAX





イククル